2010年03月05日

いい感じで嵌る

乾くるみのイニシエーションラブを読了。
本の後ろには最後の2行目で違う物語に変貌すると書いてあるが
変貌したことすらまったく気がつかなかった(笑
なんか違和感があるなと思うものの結局ネタバレサイトをみてようやくわかる。
読んだ直後は紹介文に騙されたとか思ったものだが・・・

解説の用語集の太字の部分もかなりヒントになってるな。
とはいえ、あれを先に読んだ所でこの物語の本当のところがわかるかというと
微妙な気がしないでもない。
自分には確実に無理。というか、無理だった。

よくもまぁこんないろいろなネタを1冊に詰め込んだもんだ。
やっぱ女ってこえぇ(笑

で、この本の解説を読んでいたら本田孝好の真夜中の5分前を思い出した。
あれもSide-A,Side-Bと分かれているがまさか同じネタが・・・
とか思ったがぐぐった限りそういうわけでもないらしい。
しっかり覚えていないがまあ、無理か。
posted by くら at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。