2007年10月13日

本:ビターブラッド 著:雫井 脩介

作者買いをしてみた。ラブコメから戻って刑事物。
離婚して出て行った父親と事件の捜査を行う青年のお話。

全体的に良作なんだけど、どうも違和感を感じてしまう。
話が出来すぎてる?そりゃフィクションなんだから
当然といえば当然なんだけど・・・
コメディタッチな部分がちょっと滑ってるような。

今に"犯人に告ぐ"を読もうと思っていたが、
この人の刑事物は地雷かも知らん。
posted by くら at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。