2008年02月27日

本:インシテミル 著:米澤 穂信

"inしてみる?"見たいな感じの題名だと
記事のタイトル打ち込みながら気がついた(笑
最初なんかの英語の単語かなぁと・・・

内容は主人公が"バイト"先で殺人ゲームに巻き込まれるというもの。
一行で説明しようとするとえらい淡白になってしまうが、
内容は相当濃い。

全体的に話の流れを作るのがうまいなぁと思った。
バイト先に移動してだんだん不穏な雰囲気になってくあたりとか。
話に引き込まれすぎて、あやうく電車で乗り過ごすところだった。
終盤の解決してるあたりで下車駅になるのは詐欺だorz

てか、本の内容を短く紹介って難しい。
このブログ読むと本読む気が失せるんじゃなかろうか。
どうにかせんと。この本に前後して
・ロンド・カプリチオーソ(中野順一)
・生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1(葵せきな)
を読んでみた。

ロンドはセカンド・サイトの続編。
だけど前作と関係あるのって設定だけ。こっから読んでも問題なし。
主人公の友人が自殺するが
それが明らかに怪しいので調査することに・・・という話。
後半の主人公たちが本格的に動き出したあたりからが熱い。
が、前半の間延びようはちょっときついかも。

ミステリーから大きく離れてラノベの生徒会。
らきすたと神坂一(の掛け合いのみ)をごっちゃ混ぜにした感じ。
読み終わるまで終始笑わせてもらった。ネタだらけ。
それでも締めるところは締めてて安心して読める感じ。
これぞライトノベル。
でも、後味が悪い。インシテミル以上。
最初のルールとか私が気にしすぎなんだろうか。
posted by くら at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。